« 婚外子も平等に | トップページ | ベロッキオの新作 »

2007年3月19日 (月)

Macchiaioli は印象派より進んでいた?

Fattori Macchiaioli の一人、ファットーリの作品

イタリアのMacchiaioli がフランスの印象派よりも、革新的であったという挑発的な主張をもつ美術史の本が出版された(コリエレ・デッラ・セーラ、3月18日)。

Macchiaioli というのは、19世紀フィレンツェの色斑画法による革新的な芸術運動に属する画家たちのことであるが、フランス印象派が世界的に知られているのに対し、Macchiaioliがイタリア美術史に関心を持つものを越えて広く知られているとは言いがたいであろう。

美術批評家レナート・バリッリは『イタリアにおける現代美術史』(Bollati Boringhieri, pp572. 32ユーロ)で、Macchiaioli がいかに先端的であったかを最大限に主張する本を書いた。

たとえば、1870年代トスカーナのジョヴァンニ・ファットーリは、現実の観察をデコンストラクション(解体構築)している。

さらに時代が進んで、デ・キリコは、デュシャンのアルター・エゴであり、さらに美的であるとしている。

|

« 婚外子も平等に | トップページ | ベロッキオの新作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14315681

この記事へのトラックバック一覧です: Macchiaioli は印象派より進んでいた?:

« 婚外子も平等に | トップページ | ベロッキオの新作 »