« EU, イタリアにデコーダ補助費の返還を命じる | トップページ | 8種類のリチェオにノー »

2007年2月 2日 (金)

ピレッリの葬儀にモンターレの詩

Leopoldo_pirelli レオポルド・ピレッリの葬儀で、モンターレの詩がよまれた(コリエレ・デッラ・セーラ、1月26日)。

レオポルド・ピレッリは、イタリアのタイヤ・メーカー、ピレッリの会長を1965年から1992年までつとめた。

1月25日の午後、ポルトフィーノで葬儀が執り行われたが、晩年の伴侶ロッセリーナ・アルキントはモンターレの詩の一節を朗読した。

Ho sceso, dandoti il braccio, almeno un milione di scale
e ora che non ci sei e' il vuoto ad ogni gradino.
Anche cosi' e' stato breve il nostro lungo viaggio.

(ぼくは、君に手を貸して、少なくとも百万段の階段を降りたが、もう君はいない、階段の一段一段は空っぽだ。
こんな風にしても、ぼくらの長い旅路は短かった。)

この詩は、ノーベル賞を受賞したエウジェニオ・モンターレが亡き妻をしのんで詠んだ Xenia II の5の冒頭の3行である。

ロッセリーナ・アルキントは同名の出版社の所有者でもある。詩の引用は、生涯の男への別れの言葉であると述べている。

|

« EU, イタリアにデコーダ補助費の返還を命じる | トップページ | 8種類のリチェオにノー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13749027

この記事へのトラックバック一覧です: ピレッリの葬儀にモンターレの詩:

« EU, イタリアにデコーダ補助費の返還を命じる | トップページ | 8種類のリチェオにノー »