« エラスムス、高校にも | トップページ | ふくよかな女性、モデルに »

2007年2月24日 (土)

拒食症へのイタリア式治療

Anoressia 拒食症の治療で、イタリア式の治療が成功を収めていることが判った(コリエレ・デッラ・セーラ、2月18日)。

拒食症は身体と精神の不具合が結びついた病気であるが、患者は思春期および若者の0,1-0,8%が患っている。

過食症も、同様に摂食障害であるが、1-3%の思春期および若者が患っている。

拒食症は、発症してから数年間に亡くなる患者は4%にのぼっている。しかし、イタリアではその死亡率が半分以下なのである。

ナポリのフェデリコ2世大学の肥満および摂食障害センターのフランコ・コンタルドは、イタリアでは、拒食症の身体的側面と心理的側面を総合的に治療するという考えが功を奏しているという。

つまり、内科医と精神科医が協力して治療にあたるのである。ナポリ大のセンターの場合は、しばらくの期間、自宅を離れて入院するが、栄養士、精神科医、ソーシャル・ワーカーなどさまざまな専門家がチームとして治療にあたる。

要するに、拒食症という一点にだけ焦点を絞るのではなくて、総合的な治癒を目指すのである。

過食症の治療の場合も同様である。

|

« エラスムス、高校にも | トップページ | ふくよかな女性、モデルに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14032153

この記事へのトラックバック一覧です: 拒食症へのイタリア式治療:

» よしダイエット成功するぞ! [今年こそダイエットして 夏のファッションを楽しもう♪]
ダイエット、簡単に言うな!と言いたい気持ちはわかります。食べ終わった後、後悔の念に苛まされる毎日ではありませんか?そんなあなたの心配を、見事にスマートに解決して見せましょう。びっくりしないで下さい。衝撃があなたを襲うことになるかもしれません。毎日の食生活の中で、どれだけのカロリーを摂取してどれだけのエネルギーを使っているかご存知ですか。一般にカロリーオーバーといわれる飽食日本人。肥満体が増�... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 00時30分

« エラスムス、高校にも | トップページ | ふくよかな女性、モデルに »