« フローレス、スカラ座のタブーを破り、アリアのアンコール | トップページ | 終身上院議員の反乱? »

2007年2月28日 (水)

大統領と政治危機

Napolitano_prodi_1 2月21日プローディ首相は、ナポリターノ大統領に辞表を提出したが、その時、大統領の取りうる措置には6つあったことが紹介されている(コリエレ・デッラ・セーラ、2月22日)。

上院での外交方針否決を受けて、プローディ首相は、2月21日午後7時20分大統領府を訪れ辞意を告げた。ナポリターノ大統領と会談後、プローディは、午後7時55分首相府で、自らの辞任を発表した。

翌22日、大統領は、両院議長、元大統領、議会各会派と協議をする。

協議後、大統領の採りうる措置は、理論的には6つあった。

1.プローディ政権の延長を、両院に諮る。

2.組閣のため、新たにプローディを首相に任命する。

3.与党連合の別の代表者を任命し、組閣させる。

4.ある人物を《大統領の内閣》のため任命し、ある特定の仕事(たとえば、新たな選挙法を準備する)を選挙を前提にまかせる。

5.上院を解散し(憲法第88条は上下院どちらか一方のみを解散することが出来るとしている)、上院のみ選挙を実施する。

6.首相と合意して、両院を解散し、総選挙を実施する。内閣はそのままとどまり業務を行う。

|

« フローレス、スカラ座のタブーを破り、アリアのアンコール | トップページ | 終身上院議員の反乱? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14078254

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領と政治危機:

« フローレス、スカラ座のタブーを破り、アリアのアンコール | トップページ | 終身上院議員の反乱? »