« レオポルド・ピレッリ亡くなる | トップページ | 売春の大がかりな摘発 »

2007年2月 1日 (木)

再建共産党の映画法案ーーアメリカ映画に上限を

Migliornemico11141753137 2006年イタリア映画で最も興行収入をあげた Il mio miglior nemico

イタリア再建共産党の上院議員が、イタリア映画をもっと上映させ、アメリカ映画の上限を設ける法案を提出した(コリエレ・デッラ・セーラ、1月24日)。

再建共産党の上院議員27人が法案には署名している。この法案によれば、EU以外のフィルム1本に対し、2本のヨーロッパ映画を上映せねばならず、そのうち少なくとも1本はイタリア映画でなければならない、というものだ。

2006年度の実績では、イタリアで配給された映画は385本。そのうちイタリア映画は100本。アメリカおよびEU以外の映画は196本。イタリア以外のヨーロッパ映画が89本。

再建共産党の法案が実現した場合には、次のようになるはずである。イタリアおよびヨーロッパ映画が257本。アメリカおよびEU以外の映画が128本。

これに対し、イタリア映画の父の1人、ディーノ・リージ監督は、マーケットに任せよう、と反論している。

Rai Cinema のジャンカルロ・レオーネは、いくつかの保留つきながらも、興味ある挑発であるとしている。

|

« レオポルド・ピレッリ亡くなる | トップページ | 売春の大がかりな摘発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13735372

この記事へのトラックバック一覧です: 再建共産党の映画法案ーーアメリカ映画に上限を:

« レオポルド・ピレッリ亡くなる | トップページ | 売春の大がかりな摘発 »