« フィレンツェに路面電車? | トップページ | 赤い旅団を急襲、15人逮捕 »

2007年2月19日 (月)

ムッソリーニ文書の真贋

De_felice_2 レンツォ・デ・フェリーチェ(右)

ムッソリーニの手帳と称するものが5冊出てきたが、その真贋をめぐり、議論がかまびすしい(コリエレ・デッラ・セーラ、2月12日)。

「本物の」ムッソリーニの手帳と称するものが出現したことはまれではない。1959年には、アマリア&ローザ・パンヴィーニによって巧妙に作り上げられた日記が出てきて、出版社のモンダドーリに売りつけられた。

1967年には、今回と同様に、赤十字の手帳につけた日記が、ロンドンのスパイによって、アンジェロ・リッツォリ(出版者)に提供された。

1980年代半ばにはヒトラーの偽日記が出てきた。

ファシズムの歴史家として名高いレンツォ・デ・フェリーチェは、1960年代にムッソリーニの日記と称するものが偽物であることを見破ったという。おそらくはアンジェロ・リッツォリから現物を見せられて、デ・フェリーチェは「日記」に取り組んだ。

そこに書かれているエピソードなどは真実味があった。最初の疑いは、i の字のカーヴが、通常のムッソリーニの筆跡と異なることだった。

それだけでは不十分で、デ・フェリーチェは日記に今日はいい天気だったという記述が多いのに気づき、空軍の記録と突合せた。そこで、日記との不一致を明らかにして、気象の記述のでたらめさから、偽物であることを突き止めた。

こうした事件が以前に何度もあるため、懐疑的な専門家も多いのだが、マルチェッロ・デッルートリ議員や、統帥の孫アレッサンドラ・ムッソリーニは、今回の5冊の手帳が本物であると信じている。

|

« フィレンツェに路面電車? | トップページ | 赤い旅団を急襲、15人逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13974836

この記事へのトラックバック一覧です: ムッソリーニ文書の真贋:

« フィレンツェに路面電車? | トップページ | 赤い旅団を急襲、15人逮捕 »