« うたた寝は身をたすく | トップページ | トアフ「血のパスクワ」回収へ »

2007年2月20日 (火)

Cgil の衝撃

Cgil100 イタリアの労働組合Cgil(イタリア労働総同盟)は、赤い旅団の逮捕の際に、Cgilの組合員が8名いたことに衝撃を受け、対策を考えはじめている(コリエレ・デッラ・セーラ、2月14日)。

Cgil(イタリア労働総同盟)は、1906年10月1日に創設された100年以上の歴史を持つ労働組合である。

組合員は、約600万人。

Cgilの書記カルラ・カントーネは、これからは予防的な介入を行わなければいけないとの見通しを語った。

過去10年に、組合を追放されたのは1人で、2003年に赤い旅団への連帯を表明したトリノのヴァルテル・フェッララートのみである。

|

« うたた寝は身をたすく | トップページ | トアフ「血のパスクワ」回収へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13986693

この記事へのトラックバック一覧です: Cgil の衝撃:

« うたた寝は身をたすく | トップページ | トアフ「血のパスクワ」回収へ »