« アリタリア民営化で、買い手に名乗りをあげた11グループ | トップページ | イタリア、喫煙者増える »

2007年2月 5日 (月)

滞在3ヶ月未満は滞在許可証が無くなる?

Cpt1 イタリアで、滞在3ヶ月未満なら滞在許可証を無くそうという議論が起こっている。発端は、CPTを廃止することを勧告した内務省委員会の報告書である(コリエレ・デッラ・セーラ、1月30日)。

Cpt は Centro di permanenza temporanea の略号、一時滞在センターということになろうが、実態は収容所に近いようだ。

内務省のCpt委員会が、最終報告書を提出し、すべてのCptは閉鎖すべきだとしたのである。報告書の内容は以下の通り。

それによると、Cptは徐々に、受け入れセンターに移行すべきである。

また、そもそも元囚人、人身売買の犠牲者、子供や未成年者のいる女性などは、Cptに入れるべきでない。

以前は滞在許可証を持っていたが、期限切れとなってしまったヘルパーは、正規化すべきである。

|

« アリタリア民営化で、買い手に名乗りをあげた11グループ | トップページ | イタリア、喫煙者増える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13804125

この記事へのトラックバック一覧です: 滞在3ヶ月未満は滞在許可証が無くなる?:

« アリタリア民営化で、買い手に名乗りをあげた11グループ | トップページ | イタリア、喫煙者増える »