« ヴァイアグラの過剰摂取で死亡 | トップページ | ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 »

2007年1月14日 (日)

ライコネンとマッサは自由に闘う

Massa フェリペ・マッサ(25歳)

フェラーリの新代表取締役となったジャン・トッドは、ライコネンとマッサに序列はつけず、自由に競わせる方針であることを明らかにした(コリエレ・デッラ・セーラ、1月8日)。

これまで、シューマッハがいた時とは異なり、ファースト・ドライバー(prima guida) はいない。チーム内の二人がライヴァルとして競い合うことになる。

また、ロス・ブローン(Ross Brawn というスペルなので、日本で呼ばれるロス・ブラウンという発音は誤りと思われる)に代わるテクニカル・ディレクターには Almondo が就任した。

フェラーリにとっては、マクラーレンに移籍したアロンソおよびブリアトーレ率いるルノーとどう闘うかが問題である。

|

« ヴァイアグラの過剰摂取で死亡 | トップページ | ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13492755

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネンとマッサは自由に闘う:

« ヴァイアグラの過剰摂取で死亡 | トップページ | ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 »