« 9つの大都市圏が誕生か | トップページ | ローマ・テルミニ駅をめぐる誤解 »

2007年1月28日 (日)

トリノ映画祭、モレッティ復帰か

Moretti_casazza_vallora_1 トリノ映画祭の総監督にナンニ・モレッティが正式に返り咲くことになりそうだ(コリエレ・デッラ・セーラ、1月19日)。

もともと2006年12月27日にモレッティが総監督に指名されたのだが、青年映画協会会長で、映画祭の創設者ジャンニ・ロンドリーノが、これは政治的な指名だと言い出して論争になり、二日後、モレッティは辞任したのだった。

しかしトリノ市長キアンパリーノが仲介して、和解が、すくなくとも公式的には、成立し、モレッティが総監督に就任する見込みになった。

ロンドリーノは辞任し、映画博物館館長には、アルベルト・バルベーラが就任する。バルベーラはモレッティの友人で、モレッティの承諾を確信している。

|

« 9つの大都市圏が誕生か | トップページ | ローマ・テルミニ駅をめぐる誤解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13688259

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ映画祭、モレッティ復帰か:

« 9つの大都市圏が誕生か | トップページ | ローマ・テルミニ駅をめぐる誤解 »