« スカラメッラ、6時間にわたり語る | トップページ | 暗殺だったメディチ家の当主 »

2007年1月 3日 (水)

孤児院、閉鎖される

Orfanotrofio 1920年のある孤児院  

イタリアの孤児院が閉鎖される。現在は52の施設がカラブリア、プーリア、シチリア州を中心に存在している(コリエレ・デッラ・セーラ、12月28日)。

いくつかの施設は、すでに空になっているし、2,3人の子供が残っているだけの施設もある。大きな施設のみが、数十人の子供をかかえている。全国では、515人の未成年が収容されている。そのほとんどは、思春期の子供である。

しかしそれももう、わずかの時間である。従来の孤児院(orfanotrofio) は、消えつつある。

というのも、孤児院はすでに乗り越えられた過去の遺物であり、2001年の149号法で、イタリア人未成年のための施設としては、2006年12月31日を最後の日と決定されたからだ。

この法律の意図は、受け入れ施設の質を高めて、家族から離れてくらす未成年に対する教育の質を高めることにある。

現在、家族を離れて何らかの施設で暮らす未成年は1万4千人。

孤児院に代わる施設は、“case allogio” または “case famiglie” と呼ばれ、擬似的な家族の形態を取っているようだ。これらは規模の小さな施設で、未成年は、成人の男女(結婚しているとは限らない)と暮らす。受け入れ人数は4人から8人。

こうした施設が全国に約2800ある。ほとんどが公立であるが、運営は民間に委託されている。

孤児院出身で、立身出世した人物として次の3人があがっている。

レオナルド・デル・ヴェッキオ:ルクソッティカという眼鏡メーカーの社主(1935年生まれ)は、7歳のとき、ミラノの「マルティニット」という歴史的孤児院に入った。母親は、経済的困難のため、彼を扶養できなかった。

アンジェロ・リッツォリ:1889年生まれ。有名な出版社の創設者は、「マルティニット」を1905年に、植字工の資格を得て、出所し、自分と同名の出版社を設立した。

エドアルド・ビアンキ:イタリアで最も有名な自転車会社の創設者。1865年、ミラノ生まれ。彼もまた、「マルティニット」出身で、1885年に最初の工房を開いた。

|

« スカラメッラ、6時間にわたり語る | トップページ | 暗殺だったメディチ家の当主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13317611

この記事へのトラックバック一覧です: 孤児院、閉鎖される:

» アンナモリナーリ [アンナモリナーリ]
アンナモリナーリについて思うことや注目の情報を載せてみました。興味のある方以外はみないでください。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 16時24分

« スカラメッラ、6時間にわたり語る | トップページ | 暗殺だったメディチ家の当主 »