« ルイーニ枢機卿、安楽死、事実婚にノー | トップページ | 《恋愛マニュアル2》大ヒット »

2007年1月30日 (火)

ルイーニ枢機卿の後任

Scola

Tettamanzi

アンジェロ・スコーラ(上)
ディオニージ・テッタマンツィ(中)
エンニオ・アントネッリ(下) 

Ennio_antonelliイタリア司教会議議長カミッロ・ルイーニ枢機卿は、議長職を3月7日に引退するもようで、後任人事が取り沙汰されている(コリエレ・デッラ・セーラ、1月23日)。

ルイーニ議長は、16年前の1991年3月7日に就任したのであった。

後任候補に名前があがっているのは、ヴェネツィアの総大司教(patriarca)アンジェロ・スコーラ。

しかし、スコーラ枢機卿よりは、法王のお気に入りは、タルチジオ国務省長官(首相に相当)であるらしい。

他の候補者には、ディオニージ・テッタマンツィ枢機卿(ミラノ)、カルロ・カッファッラ枢機卿(ボローニャ)、エンニオ・アントネッリ枢機卿(フィレンツェ)がなどがいる。

テッタマンツィとアントネッリは、ルイーニ議長のもとで書記をつとめていたので、彼らが議長に就任した場合には連続性が保たれることになる。

法王は、枢機卿でないものを議長に選ぶことも出来る。

|

« ルイーニ枢機卿、安楽死、事実婚にノー | トップページ | 《恋愛マニュアル2》大ヒット »