« 公務員も年金基金に | トップページ | ライコネンとマッサは自由に闘う »

2007年1月14日 (日)

ヴァイアグラの過剰摂取で死亡

Viagra01 ローマで、ヴァイアグラの過剰摂取のため、49歳の男性が死亡した(コリエレ・デッラ・セーラ、1月8日)。

男性は、フラヴィアーノ・Cという名前で、10年前からやもめ暮らしをしていたが、最近新たな恋人が出来たのだった。

ローマでは2005年のデータでは、一日1670錠のヴァイアグラが購入されている。

1月6日の夜、フラヴィアーノの気分が悪くなったとき、彼は恋人の家にいた。彼女はジョヴァンニ・パオロ2世の入院したジェメッリ病院の看護師で、すぐに事態の深刻さに気づいた。

すぐに118番に電話したが、救急車が到着した時には男性の状態は悪化し、近所の病院に搬送されたが、明け方、彼の心臓は停止した。

親族の話によれば、彼はこの薬を摂取していた。あまりタバコは吸わず、一日一箱は越えていなかった。太ってもいなかったし、テニスもしていたとのこと。

詳しい死因は、検死の結果をまたねばならない。

|

« 公務員も年金基金に | トップページ | ライコネンとマッサは自由に闘う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13490654

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイアグラの過剰摂取で死亡:

« 公務員も年金基金に | トップページ | ライコネンとマッサは自由に闘う »