« ヴァティカンの近衛兵、隊長に不満 | トップページ | マグダラのマリアに関する新説 »

2007年1月11日 (木)

運転免許取得3年後に、もう一度試験

Alessandro_bianchi 運輸大臣アレッサンドロ・ビアンキ

高速で走る自動車に乗るためには、運転免許取得から3年後に、もう一度試験を受けなければならなくなるかもしれない(コリエレ・デッラ・セーラ、1月2日)。

現在でも免許取立ての人に対する規制は存在しており、高速道路では時速100km以下、スーペルストラーダでは時速90km以下となっている。

しかしながら、どんな車種に乗るかは制限がない。つまり、親が所有していれば、フェラーリに乗ってもよいのである。

まだ、どんな制限をつけるか、どんな自動車に免許取立ての人間が乗れないのかは決まっていないが、1994年には、時速150km以上出る車であったし、その後、自動車の車重を考慮にいれた馬力で制限を設けていたこともあった。

今回の措置は、若者の交通事故死を減らすことが狙い。2005年の資料によると、25-29歳の人が年間401人死亡。30-34歳が401人死亡。21-24歳が371人死亡。21-24歳の場合、同乗者としての死亡者は最も多い。

|

« ヴァティカンの近衛兵、隊長に不満 | トップページ | マグダラのマリアに関する新説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13430317

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許取得3年後に、もう一度試験:

« ヴァティカンの近衛兵、隊長に不満 | トップページ | マグダラのマリアに関する新説 »