« ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 | トップページ | FIFA会長、イタリアに謝罪 »

2007年1月15日 (月)

大学教授の高齢化

Docenti イタリアの大学教授の高齢化が進んでいる(コリエレ・デッラ・セーラ、1月9日)。

全国で1万8651人の正教授のうち、35歳以下は、9人しかいない。率にして、0,05%。

反対に、65歳以上は、5647人で、30,3%。

エンリーコ・フェルミは37歳でノーベル賞を受賞している。連ツォ・ピアノが Beaubourg  を設計したのは、34歳。ビル・ゲイツがマイクロソフトを創立したのは30歳であった。ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがグーグルを立ち上げたのはわずか25歳の時である。

2007年1月現在の大学省の数字によれば、大学教授の数は、1985年の8454人から、現在の1万8651人へと倍増している。

イタリアでの教授の年齢分布は次の通り:
65歳以上 5647人 30,3%
55ー64歳 8146人 43,7%
45-54歳 3962人 21,3%
35-44歳 887人  4,7%
35歳未満  9人  0,05%

フランスでは、
65歳以上  1,30%
35歳未満  11,60%

アメリカでは、
65歳以上  5,41%
35歳未満  7,31%

イギリスでは、
65歳以上  1,00%
35歳未満  16,00%

となっている。イタリアでは1万8150人の助教授でも、最も多い年齢層は60歳である。65歳以上の人も1758人いる。

2万1639人いる研究助手(ricercatore) になると事情は好転する。しかし他国ほどではない。

|

« ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 | トップページ | FIFA会長、イタリアに謝罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13501426

この記事へのトラックバック一覧です: 大学教授の高齢化:

« ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》 | トップページ | FIFA会長、イタリアに謝罪 »