« カルロ・ポンティ、死去 | トップページ | プローディと自由化 »

2007年1月21日 (日)

エルバ殺人事件 (改題)

Photo_69 エルバ殺人事件の犯人夫妻

イタリア北部コモ県のエルバで4人が殺された事件は、隣人が犯人だった(コリエレ・デッラ・セーラ、1月12日)

エルバで隣同士で住んでいたロマーノ家とカスターニャ家は、何度も言い争っていた。

騒音を巡っての口論で、夜中に大声をあげていたこともある。

惨劇の二日前、ラファエッラ・カスターニャ(30歳)は、隣人のロマーノ夫妻に尾行されていると交通警官に訴えた。

ロマーノ夫妻(オリンドとローザ)は、何ヶ月も前からカスターニャ一家を殺戮することを計画。12月11日を犯行日に選ぶ。その日はラッファエッラの夫Azouzが留守であるからだ。

ロマーノ夫妻は、手袋と二本の包丁を持って凶行に及んだ。まず、カスターニャ家の呼び鈴を鳴らし、ラッファエッラ夫人が出てくるや、横木で殴りかかった。夫妻は、ラッファエッラとその母パオラ・ガッリ(60歳)に襲いかかった。

ソファーで赤ん坊(2歳)が泣いていた。ローザが喉をかききった。

立ち去る前に家に火を放った。

夫妻は、逃げ去る時に、近所の人に出会い、彼らも殺した。ヴァレリア・ケルビーニ(55歳)は死亡し、オリンドがマリオ・フリジェリオの喉を切ったが、後に息を吹き返した。

ロマーノ夫妻は車でコモに行き、アリバイ工作をした。

犯人夫妻に子供はなく、妻は子供の泣き声を嫌っていた。

追記:唐辛子紋次郎さんのコメント・ご指摘により、地名に関する致命的ミスを犯していたことに気づきました。
エルバ島(Elba) と誤って記していましたが、エルバ(Erba) というのは、コモ湖の東、ミラノの北方にある町の名前でした。
思いこみと不注意による間違った記述をお詫びいたします。また、本文の誤っていた箇所は訂正したことをお断り申し上げます。

|

« カルロ・ポンティ、死去 | トップページ | プローディと自由化 »

コメント

チョッと質問です。私はイタリア語はそう分かる方ではありませんが、このタイトルはおかしいのでは?
この事件の起きたのは、ELBAエルバ島(トスカーナ州)ではなく、ロンバルジア州、コモ県のERBA「エルバ」ではありませんか?

地図でみても、島ではないような。

投稿: 唐辛子 紋次郎 | 2007年1月21日 (日) 22時34分

おっしゃる通りです。ご指摘ありがとうございました。

まったく初歩的ミスでした。お恥ずかしいかぎりです。
Erba とあるのに、Elba島と誤解してしまいました。

ご指摘にもとづき、タイトルを変更させていただきます。

投稿: panterino | 2007年1月21日 (日) 23時38分

panterinoさん、こんにちは。

時々訪問しては、イタリアの新しいニュースや、知識を吸収させて頂いております。このたびは、早速訂正してくださいまして、ありがとうございます。

私も、イタリアが大好きで、たびたび旅行はしますが、湖水地方はまだです。(もちろん、エルバ島も
(-_-;))

 たまたまチョッと、知り合った人にl'isola d'Elbaの人がいたので、チョッと気になってコメントしたまでです。

 今後とも、イタリアの、新しい情報、期待しておりますので、どうかよろしくお願いいたします。(^_-)-☆

投稿: 唐辛子 紋次郎 | 2007年1月22日 (月) 14時08分

唐辛子 紋次郎さん

こちらこそ、ありがとうございました。

エルバと言えば、エルバ島という思いこみが間違いのもとでした。
「アリバイ作りにコモに行くのは遠いなあ」、と思った時に地図帳を確認すべきでした。
エルバ島からコモは果てしなく遠いけれど、エルバ (Erba)なら数十㎞だったわけですね。

これからも、どうぞ、引き続きご訪問ください。

投稿: panterino | 2007年1月22日 (月) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13595515

この記事へのトラックバック一覧です: エルバ殺人事件 (改題):

« カルロ・ポンティ、死去 | トップページ | プローディと自由化 »