« 大学教授の高齢化 | トップページ | 事実婚に二つの法案 »

2007年1月16日 (火)

FIFA会長、イタリアに謝罪

Blatter FIFA会長ヨセフ・ブラッター

FIFA会長ヨセフ・ブラッターが、イタリアのナショナル・チームに謝罪した(コリエレ・デッラ・セーラ、1月9日)。

2006年のワールドカップで、優勝杯を手渡したのは、実はUEFA(欧州サッカー連盟)の会長レナート・ヨハンソンだった。

1998年および2002年の時にはFIFAの会長が手渡しているのだから、2006年も本来、FIFAの会長が授与すべきであったと考えられている。

ブラッターは最初、「決勝はヨーロッパ同士だったから、UEFAの会長が授与するのは、ふさわしい」という虚偽を語っていた。実際は、ブラッターは、ワールドカップ開催地のドイツ人からもフランスびいきと見られており、そういうこともこの件に関係しているのかもしれない。

しかし、ブラッターはついに、率直に自分の行動の誤りを認め、謝罪したのである。

|

« 大学教授の高齢化 | トップページ | 事実婚に二つの法案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13513963

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA会長、イタリアに謝罪:

« 大学教授の高齢化 | トップページ | 事実婚に二つの法案 »