« アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 | トップページ | アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー »

2006年12月14日 (木)

事実婚に関する法案

Coppie_di_fatto 機会均等大臣のバルバラ・ポッラストリーニが事実婚に関する法案を提出した(コリエレ・デッラ・セーラ、12月9日)。

大臣によれば、「事実婚に関する法律は、2007年1月までに提出するのが政府の責務」とのこと。

この法案では、異性間のカップルと同性間のカップルに区別を設けていない。権利と義務も同一である。

事実婚のカップルは、コムーネ(市役所)で、二人の関係を登録する。

ある一定期間の同居の後は(最低5年を想定している)、遺族年金が受けられる。しかし、どこからが全額で、どこからが一部であるかは、政令で決める。

法定相続人になれるかどうかについても、最低5年以上同居ののち、権利が発生するとしている。ただし、同居者の相続権は、配偶者の相続権よりは弱いものとなる見込み。

事実婚をコムーネに登録するさいに世俗的な儀式をすることも検討されたが、不採用となった。

事実婚を解消するには、一方の当事者が、申請すればよい。もう一方が反対することは出来ない。扶養手当の権利は3年間しか持続しない。

同居者が死んだ場合、借家の契約は、残ったものが引き継ぐことが出来る。この件に関しては、コムーネに事実婚の登録がない場合でも可能。

養子の可能性に関しては、異性カップルも同性カップルも、言及していない。このテーマは、未成年者の権利に関わるので、最終的には、別の法案に盛り込まれることになるだろう。

以上は、あくまでも法案なので、議論が交わされ、修正される可能性がある。

|

« アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 | トップページ | アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13070349

この記事へのトラックバック一覧です: 事実婚に関する法案:

« アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 | トップページ | アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー »