« 下院のプレゼピオに、同性カップルの人形 | トップページ | 非正規雇用の効果、1992年以来、失業者最低に »

2006年12月31日 (日)

ナポリの教会、美術品はコピーに

Cardinale_sepe_crescenziott セーペ枢機卿

ナポリでは、膨大な美術品が、教会から美術館に引っ越しを始めた。盗難対策のためである(コリエレ・デッラ・セーラ、12月21日)。

ナポリではしばらく前から、こうした方策が考えられてきたが、今後加速する。

絵画、彫刻、銀製品に代わり、教会内には、そのコピーを置くのである。

ナポリ県では泥棒の活動が活発で、数日前にも、中心地区で、貴重なプレゼピオが盗まれてしまった。

そこで、貴重品の美術館への移管を、クレシェンツィオ・セーペ枢機卿が決定した。美術品を大司教館の前に宗教美術館を作って、そこへ移すのである。

ナポリは、500のクーポラのある町と言われているが、現在の教会の数は約450で、中心部にあるものは138.

その教会の美術作品には、カラヴァッジョ、デ・リベラを始め傑作も少なくない。

|

« 下院のプレゼピオに、同性カップルの人形 | トップページ | 非正規雇用の効果、1992年以来、失業者最低に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13278258

この記事へのトラックバック一覧です: ナポリの教会、美術品はコピーに:

« 下院のプレゼピオに、同性カップルの人形 | トップページ | 非正規雇用の効果、1992年以来、失業者最低に »