« ジレーラから三輪スクータ | トップページ | マリネッティの孫、イスラムと未来派を合体させる »

2006年12月18日 (月)

不規則雇用者をめぐる与党内の緊張

Precari 与党内で不規則雇用者の正規採用をめぐる議論で緊張が生じている(コリエレ・デッラ・セーラ、12月11日)。

イタリア共産主義者党(Pdci)は、3年間で30万人の正規雇用獲得したと張り切っているが、財務大臣パドア=スキオッパ周辺は、予算がないと冷ややかな対応を示している。

イタリアの学校には、約30万人の不規則雇用者がいる。期間付きのものが12万1千人。プロジェクト協力者が8万9千人である。

不規則雇用者全体では、約400万人となる。

|

« ジレーラから三輪スクータ | トップページ | マリネッティの孫、イスラムと未来派を合体させる »

コメント

原文はわかりませんが、「不規則」ではなく、「不安定」あるいは「非正規」が正しい訳かと思います。

投稿: Beatrice | 2006年12月21日 (木) 08時47分

ご指摘ありがとうございました。

ここでの原文は precari です。
不安定な雇用状態を指す言葉には、lavoratori atipici (非正規の労働者)や lavoratori a tempo determinato (期限付き労働者)、collaboratori a progetto (あるプロジェクトに関して雇われる人)、co.co.pro. (contratti di lavoro a progetto で以前は Co.co.co. と呼んでいた)などがあります。こういった状態を指して irregolare (不規則な)という形容詞が用いられることもあります。

イタリア語そのものも新たに出現している雇用形態を表現するのに苦労している感じですが、そもそも、労働法や労働憲章の改定で、雇用形態が自由化し、従来の正社員と異なった形がいろいろ出てきた結果、それを表現するのにもいろいろな形が出てきている、ようですね。

投稿: panterino | 2006年12月21日 (木) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13116634

この記事へのトラックバック一覧です: 不規則雇用者をめぐる与党内の緊張:

« ジレーラから三輪スクータ | トップページ | マリネッティの孫、イスラムと未来派を合体させる »