« 2006年度の「生活の質」の高い県にシエナが選ばれる | トップページ | 未来派をめぐるさや当て »

2006年12月28日 (木)

マッツィーニとガリバルディ

Mazzini2 ジュゼッペ・マッツィーニ

マッツィーニの最晩年を助けた女性から、ガリバルディに宛てた非難の手紙が再発見された(コリエレ・デッラ・セーラ、12月19日)。

書き手は、サリーナ・レーヴィ・ナタンで、有名なローマ市長のエルネスト・ナタンの母である。

それによると、死の床にあるマッツィーニはガリバルディの名を口にしていたが、それは感謝の言葉ではなかった。ガリバルディから受け取った手紙が、マッツィーニ打撃を与えて、命を縮めたという非難の手紙である。

サリーナ・レーヴィ・ナタンは、ペスカーラに1819年に生まれたが、イギリス人の Nathan (イギリスならネイサン)と結婚して、ロンドンに渡り、そこで亡命中のマッツィーニと出会う。

おそらく、この手紙はガリバルディに届けられることはなかったろうが、下書きがナタンの子孫によって現在まで伝えられた。

サリーナの息子のエルネスト・ナタンは、第一次世界大戦前の1907年から1913年まで、ローマ市長を務めた。法王庁のお膝元のローマではあるが、ナタンはユダヤ人で、1845年ロンドン生まれ、父はイギリス人で、フリーメーソンでもあり、1896年には、gran maestro になっている。

|

« 2006年度の「生活の質」の高い県にシエナが選ばれる | トップページ | 未来派をめぐるさや当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13244036

この記事へのトラックバック一覧です: マッツィーニとガリバルディ:

« 2006年度の「生活の質」の高い県にシエナが選ばれる | トップページ | 未来派をめぐるさや当て »