« 異端とされた司教 | トップページ | シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る »

2006年12月 4日 (月)

ベルルスコーニの体調不良

Berlusconi ベルルスコーニ元首相が、モンテかティーニで、演説中に突然気分が悪くなり、病院に運ばれた(コリエレ・デッラ・セーラ、11月27日)。

首相は急遽、ミラノのサン・ラッファエーレ病院に入院したが、元気とのこと。

この模様を、マードックの所有する Sky テレビの Sky Tg24 は詳しく伝えたが、ベルルスコーニ自身が所有する Mediaset はプライヴァシーを理由に、ベルルスコーニがボディガードに抱きかかえられ運ばれる様子を、午後二時以降は放映しなくなった。ベルルスコーニが倒れたのは午後一時過ぎである。

|

« 異端とされた司教 | トップページ | シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12930192

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニの体調不良:

« 異端とされた司教 | トップページ | シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る »