« 野党のデモ、200万人集まる | トップページ | 総選挙の白票、数え直し »

2006年12月12日 (火)

イタリア社会共和国の元軍人がフィレンツェ賞授賞

Ciabattini ピエトロ・チャバッティーニの著書『統帥、国王、彼らの7月25日』(Editriice Lo Scarabeo) がフィレンツェ賞を獲得したことが、フィレンツェを二分している(コリエレ・デッラ・セーラ、12月3日)。

チャバッティーニは、イタリア社会共和国(ナチによる傀儡政権)に、進んで参加し、イタリアのSSとして活動し、そのことを悔いていないのである。

「私は間違った側に立って戦ったと言われるが、負けた側にいたということに過ぎないと思う。もし勝っていれば、正しい側ということになっていたでしょう。ともかく、恥じることは何もない」

その著書で、彼は、ムッソリーニとヴィットリオ・エマヌエーレ3世の間には、1943年のムッソリーニの政治からの退場に関し、秘密の合意があったのではないかと主張している。

フィレンツェはレジスタンスの中心地の一つであっただけに、彼の受賞をめぐる賛否は、激しいものとなった。

|

« 野党のデモ、200万人集まる | トップページ | 総選挙の白票、数え直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13046304

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア社会共和国の元軍人がフィレンツェ賞授賞:

« 野党のデモ、200万人集まる | トップページ | 総選挙の白票、数え直し »