« 不規則雇用者をめぐる与党内の緊張 | トップページ | イタリア語を公用語に »

2006年12月19日 (火)

マリネッティの孫、イスラムと未来派を合体させる

Isutituto_skiriptura マリネッティの孫レオナルド・クレリチは、未来派の理論とイスラムを合体させようとしている(コリエレ・デッラ・セーラ、12月12日)。

クレリチは、レオナルド・《Alaeddin》・クレリチといい、インターネットのサイト Istituto di Skriptura を開いている。

テヘランで開催されるホロコーストについての会議の唯一のイタリア人発表者である。未来派の創設者Filippo Tommaso Marinetti の孫クレリチはパリとブリュッセル(そこに研究所がある)を行き来して生活しているが、テヘランもなじみの場所。

彼は、シーア派のイスラム教に改宗し(そこから名前に《alaeddin》を付け加えた)、イスラム共和国を支持し、最高指導者アリ・ハメネイ師とも一度会見したことがあるのだ。

未来派とどんな関係があるのかというと、未来派宣言の冒頭には、「われわれーわたしと私の友人たちーは、モスクの形をしたランプの下で夜通し起きていた・・・」とあるのだ。1909年2月20日、パリのフィガロ紙に載った文章である。

一世紀の後、その「モスク」から、クレリチは再出発したのだ。彼によると、未来派は、「その基本に、イスラム的偶像破壊哲学を持っていた」。

彼はさらにホロコーストについて語る。「イスラエルは国家として存在しているのではない。ヨーロッパの植民地主義的実体であり、シオニズムは、植民地主義的人種差別主義なのだ」。

ユダヤ人の虐殺は、ヨーロッパの軋轢のなかで生じたもので、その意味で、「ユダヤーキリスト教的植民地主義」に責任があるというのがクレリチの考えであるらしい。

|

« 不規則雇用者をめぐる与党内の緊張 | トップページ | イタリア語を公用語に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13120743

この記事へのトラックバック一覧です: マリネッティの孫、イスラムと未来派を合体させる:

« 不規則雇用者をめぐる与党内の緊張 | トップページ | イタリア語を公用語に »