« アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー | トップページ | 法王、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかける »

2006年12月16日 (土)

事実婚、法王庁の怒り

Coppia_di_fatto 法王庁の新聞 Osservatore Romano が政府の提出した事実婚に関する法案を激しく批判した(コリエレ・デッラ・セーラ、12月10日)。

見出しは、「2006年のクリスマス:家族の根を引き抜くことが、イタリア政治の優先課題なのだ」という強い調子のもの。

また、「意味の無い戦い」、「家族に代わる形に信任を与えようとする偽善的な企画」とも。

野党の中道右派(CDL) はごく少数の例外を除いて、全面的に法案の方針に反対している。5人の中道右派の上院議員は、「たとえ公然とではなくても、共同生活と家族を等しいものとして扱うことに反対する」ための動議を提出した。

同性婚や事実婚は、スペイン、フランス、イギリスで認められている。

スペインでは、2005年に同性婚への道が開かれた。フランスでは、1999年から Pacs (市民連帯協約)が開始されている。これは同性間でも異性間でも結べる。

イギリスでは昨年から Civil partnership act というものが出来た。同性カップルに正式の登録が可能となった。登録しない異性間および同性間の共同生活も認められている。

|

« アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー | トップページ | 法王、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13092928

この記事へのトラックバック一覧です: 事実婚、法王庁の怒り:

« アラーニャ、スカラ座前でワンマンショー | トップページ | 法王、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかける »