« クリスマスの歌、イスラム教徒を尊重して歌われず | トップページ | トリノのパラッツォ・マダマの再開 »

2006年12月22日 (金)

バリッコ翻案の『魔笛』にブー

Flauto_magico01g 作家アレッサンドロ・バリッコが翻案した『魔笛』に、非難の口笛やブーが続出した(コリエレ・デッラ・セーラ、12月14日)。

トリノのテアトロ・レージョで、幕が降りると、最初にフットライトを浴びたのは歌手で、拍手を浴びた。次は、指揮者のファビオ・ビオンディで、拍手の中に不満の声も混じっていた。

しかしその後で、演出や舞台装置、衣装の番になると、非難の口笛やブー、野次が飛んだ。

通常は、穏やかなレージョの観客が今回は、抑制がなかった。明らかにブーや口笛の標的は、バリッコだった。

バリッコは『魔笛』の台本を書き変えて、散文にした。その日の舞台にはバリッコは不在であったが、演出、舞台監督、衣装が非難を浴びた。

『魔笛』は歌芝居(Singsupiel) である。歌手が歌う部分と、散文で台詞を語る部分が交互に出てくる。その台詞の部分はさほど文学性に富んだものではなかったが、それをさらにバリッコは変えて、劇中劇にしてしまった。

主人公を『魔笛』を上演している町の劇場支配人と市長にしてしまったのだ。だから台詞のほとんどは、この新たに創られたキャラクターによって語られるのである。

また、台詞もテレビの言葉遣いで、わざと「低俗」で、若者向けのジョークもあったが、ゲネプロでは受けていたが、本番では誰も笑わなかった。

イタリア文学者のジュリオ・フェッローニも手厳しい。「モーツァルトの作品を書き直すのは、イリアーデを、神々の部分を取り去って書き直すのとあまり違わないだろう」。

|

« クリスマスの歌、イスラム教徒を尊重して歌われず | トップページ | トリノのパラッツォ・マダマの再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13165028

この記事へのトラックバック一覧です: バリッコ翻案の『魔笛』にブー:

« クリスマスの歌、イスラム教徒を尊重して歌われず | トップページ | トリノのパラッツォ・マダマの再開 »