« 総選挙の白票、数え直し | トップページ | アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 »

2006年12月13日 (水)

『人生は、奇跡の詩』

La_tigra ロベルト・ベニーニ監督・主演の『人生は、奇跡の詩』を観た(日比谷・シャンテシネ)。

この映画では、ベニーニが、詩人兼大学教授アッティリオを演じる。アッティリオは毎晩、ある女性の夢を見る。

その女性は実在しているのだが、それがヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)で、アッティリオはストーカーすれすれにヴィットリアの後を付けていくが、ヴィットリアはつれない。一緒に暮らそうというアッティリオに、「ローマで雪が降って、その中で虎を見たらね」、とまるで、かぐや姫のような難題を持ち出す。

ヴィットリアも文学にかかわっていて、イラク最大の詩人フアド(ジャン・レノ)の伝記を書こうとしている。フアドはイラク開戦間近になって、イラクに帰国する。ヴィットリアもイラクへ取材に行くが、戦争で大怪我を負う。

それを知ったアッティリオは、いてもたってもいられず、赤十字の医者に扮装してイラクへと駆けつける。

ここから先は、どう書いてもネタバレになりそうなので省略するが、ベニーニの言葉のマジックを楽しめるかどうかが、この映画を評価する鍵かもしれない。

映画で詩人が主人公というのは珍しい(伝記映画は別として)。映画冒頭では、はめ込み画面だがうまく処理してあって、人々が集まるなかにモンターレやウンガレッティという実在した詩人がいるのだ。

詩や愛は、世界を変えることが出来るのだろうか?答えはNoだろう。しかし、世界を見るまなざしは変えることが出来るのかもしれない、というようなことを考えさせる映画である。

イラクの医者に、アッティリオが、ヴィットリアは重体で、あとはもうアラーの神に祈るしかない、と言われ、アッティリオがPadre Nostro (キリスト教の主の祈り) を祈るシーンには、心をつかれた。

映画館はすいていた。映画館で見たい人は、早めに行くことをおすすめする。ベニーニの大傑作『ジョニーの事情』は、封切られてあっという間に上映が打ち切られてしまったという前例もあるので。

|

« 総選挙の白票、数え直し | トップページ | アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13060658

この記事へのトラックバック一覧です: 『人生は、奇跡の詩』:

« 総選挙の白票、数え直し | トップページ | アラーニャ、スカラ座の舞台を途中で退場 »