« 事実婚、法王庁の怒り | トップページ | マストロヤンニと二人の娘 »

2006年12月17日 (日)

法王、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかける

Aula3mn 法王ベネデット16世は、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかけた(コリエレ・デッラ・セーラ、12月10日)。

法王は、「現代の民主主義」が、社会から「宗教およびその象徴」を排除しがちであることを看取し、世俗主義の堕落につながるとしている。

宗教的象徴として、具体的には、十字架が問題になる(その他、プレゼピオもある)。学校の教室に十字架をかけるという国王令(regi decreti) は、1924年と1928年に出されている。

教育雑誌 Tuttoscuola の調査によると、幼稚園から高校まで、十字架を設置すべき箇所は、37万3190になる。つまり、1教室に1つ十字架をかければ、それだけの数が必要になる。

しかし、実際に懸けられているのは、18~23万で、教室数の半分強である。

十字架は、教壇や黒板とともに教室の設備として、教室の設備として1924年の王令に規定され、この政令は、現在も有効であることが、今年の2月に国務院で確認された。

法王ラッツィンガーは、学校だけでなく、あらゆる公的な場所、会社、法廷、刑務所、病院にも十字架があるべきだと主張している。が、こうした所では、十字架は消えつつある。正確なデータはない。

今年の4月の総選挙では、ウンブリア州のアメリア、ヴェネト州のコルヌーダでは、選挙管理委員会の委員長が、投票所の壁から十字架を撤去した。マルケ州のセニガッリアでは、ある投票者が撤去を求めたが、選挙管理委員会委員長の拒絶にあった。

下院では、下院議長のベルティノッティが、今年も例年にならって、プレゼピオ(イエス生誕を表わした人形)を置くことを保証した。

|

« 事実婚、法王庁の怒り | トップページ | マストロヤンニと二人の娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13096273

この記事へのトラックバック一覧です: 法王、宗教的象徴を公共の場に残すよう呼びかける:

« 事実婚、法王庁の怒り | トップページ | マストロヤンニと二人の娘 »