« バリッコ翻案の『魔笛』にブー | トップページ | 左派のパンテオンの変遷 »

2006年12月23日 (土)

トリノのパラッツォ・マダマの再開

Torinopalazzo_madama7 10年間に渡る修復作業を終えたトリノのパラッツォ・マダマが再び公開される(コリエレ・デッラ・セーラ、12月14日)。

パラッツォ・マダマは、古代ローマ時代のデクマーノ(東西の主要道路)の門の上に建てられた。

長年、次々と改築・増築され、中世には要塞であり、その後モンフェッラート侯爵、フランスのマリア・クリスティーナなどが住み、1848~1864年には、ピエモンテおよびイタリア王国の上院として用いられた。

こうした経緯から、様式的には、異質なものが入り交じっている。ファッチャータ(正面)と大階段を設計したのは、フィリッポ・ユヴァッラである。

|

« バリッコ翻案の『魔笛』にブー | トップページ | 左派のパンテオンの変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13165608

この記事へのトラックバック一覧です: トリノのパラッツォ・マダマの再開:

« バリッコ翻案の『魔笛』にブー | トップページ | 左派のパンテオンの変遷 »