« シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る | トップページ | イタリア銀行の改革 »

2006年12月 4日 (月)

ミシュランの三つ星レストラン

Marchesi グァルティエーロ・マルケージ

2007年度版のミシュランの赤(レストラン・ガイド)が出版された(コリエレ・デッラ・セーラ、11月28日)。

グァルティエーロ・マルケージの《Hostaria dell'Orso》は星を一つ減らした。

ジャンフランコ・ヴィッサーニは二つ星のままだった。

三つ星レストランの5つは、北部、中部のみで、南部には一つもないところが、ミシュランの性格を反映しているとも言える。

三つ星は、パドヴァのマッシミリアーノ・アライモの《Le Calandre》、ノヴァーラのルイーザ・ヴァラッツァの《Al Sorriso》、マントヴァのナディア・サンティーニの《Dal pescatore》、フィレンツェのジョルジョ・ピンキオッリとアニー・フェオルデの《Enoteca Pinchiorri》、ローマのハインツ・ペックの《La pergola》(ヒルトンホテル)であった。

|

« シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る | トップページ | イタリア銀行の改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12934713

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランの三つ星レストラン:

» 世界に認められたリストランテ エノテーカ ピンキオーリ 1vol.2  [美味−BIMI−]
今年初め料理長アニー・フェオルデがスタッフの前でこ−言ったそうです。 「素材の生命感を皿に表現する料理を真心で創り上げること。」 このお話の真価を味わうかのような料理でした。 季節を尊重したメニュー。 素材の持ち味を丹念に分析し、最適な調理法を選択しています、 と自信を持っているらしい料理の数々に満足のクリスマスランチでした。 メニュー構成は、2ヶ月に一度変�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 16時37分

« シェル・エスプマルク、ノーベル文学賞の選考について語る | トップページ | イタリア銀行の改革 »