« プローディ、告訴も辞さず | トップページ | ミラノ、痩せすぎモデルへの規制開始 »

2006年12月10日 (日)

アリタリア、民営化へ

Az747f アリタリアが民営化に向かって一歩進むことになった(コリエレ・デッラ・セーラ、12月2日)。

現在、政府はアリタリアの株式49,9%を所有しているが、これを売却して、30%以下の所有とする。売却代金は、2億5千万~3億ユーロとなる見込み。

アリタリアの今年の9ヶ月間の純損益は、1億7300万ユーロで、昨年同期は1億3400万ユーロの純損益であった。赤字幅は広がっているのだ。

会社は、昨年、国および民間から10億ユーロの増資をうけている。さらにその数年前にも国からの援助を受けた。

EU委員会は、もはや、アリタリアに対する公的援助を認めない方針である。

この政府所有の株売却方針を、株式市場は好感し、アリタリアの株は、一時は一気に16%上昇し、11,56%上昇で引けた。

|

« プローディ、告訴も辞さず | トップページ | ミラノ、痩せすぎモデルへの規制開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13007635

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリア、民営化へ:

« プローディ、告訴も辞さず | トップページ | ミラノ、痩せすぎモデルへの規制開始 »