« ミシュランの三つ星レストラン | トップページ | リトヴィネンコ事件に関わったイタリア人 »

2006年12月 7日 (木)

イタリア銀行の改革

Palazzo_koch イタリア銀行のあるパラッツォ・コッホ

イタリア銀行総裁のマリオ・ドラーギは、銀行の改革案を臨時総会で打ち出した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月29日)。

新たな規約は、ドラーギの説明の後、全会一致で承認された。

これにより、次の6点が決められた。

1.理事会は、5名から構成される。総裁、総局長(direttore generale),  3名の副総局長である。

2.決定は、多数決による。同数のときは、総裁の票で決定する。

3.総裁の任期は、不定期ではなくて、6年とし、一度だけ再任が可能。

4.規約の第一条に、イタリア銀行の独立性と自立性を規定した条項が挿入された。

5.複式投票を止める。持ち株とは関係なく、投票の上限を定める。

6.現在、銀行が保持している株を、国庫省に移管する。

|

« ミシュランの三つ星レストラン | トップページ | リトヴィネンコ事件に関わったイタリア人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12964844

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア銀行の改革:

« ミシュランの三つ星レストラン | トップページ | リトヴィネンコ事件に関わったイタリア人 »