« 年金改革、ファッシーノ、国民投票を呼びかける | トップページ | モデルに関する協定調印 »

2006年12月25日 (月)

元F1パイロット、レガッツォーニ、事故死

Regazzoni 元F1パイロットのクレイ・レガッツォーニ、67歳、70年代のフェラーリのシンボルが、パルマ近くの高速道路での交通事故で死亡した(コリエレ・デッラ・セーラ、12月16日)。

レガッツォーニは、スイスのルガーノで、1939年9月5日に生まれた。1960年代にレーシングカーの世界に入る。

1970年オランダ・グランプリで、フェラーリから F1 デビュー。 その年、モンツァでは優勝し、年間で3位だった。

1973年にフェラーリを去り、Brm に移籍。しかし翌年、フェラーリに返り咲き、ニキ・ラウダとコンビを組む。

1980年が悪夢の年で、ロング・ビーチ・サーキットで大事故を起こし、キャリアを終える。両足と脊椎を損傷し、車椅子での生活を余儀なくされた。

しかし、自動車レースをあきらめることはなく、障害者専用のレースに打ち込んだ。

F1 での戦績は、132戦で、5回のポール・ポジションと212得点。レーサーとしての戦績は、18年間で、250戦で優勝25回である。

|

« 年金改革、ファッシーノ、国民投票を呼びかける | トップページ | モデルに関する協定調印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/13201346

この記事へのトラックバック一覧です: 元F1パイロット、レガッツォーニ、事故死:

« 年金改革、ファッシーノ、国民投票を呼びかける | トップページ | モデルに関する協定調印 »