« モンティッキエッロの開発の是非 | トップページ | デル・ピエーロ、200ゴール »

2006年11月 5日 (日)

外国の新聞・雑誌の選んだ観光地

Assisi アッシージのサン・フランチェスコ大聖堂

Urbino ウルビーノのパラッツォ・ドゥカーレ 

Sienaシエナのカンポ広場

外国雑誌・新聞が選んだイタリアの観光地ベスト10のベスト3は、アッシージ、ウルビーノ、シエナだった(コリエレ・デッラ・セーラ、10月29日)。

テレビ番組《パンドーラ》の企画で、外国メディアにイタリアの観光地を問うたもの。アッシージを推奨したのは、Times of India.

ウルビーノは Sydney Morning がイタリアの理想都市と絶賛。

シエナを褒めたのは Guardian。「波打つ小道に、食料雑貨店、ブティック、カフェが様々な種類の花のように咲き乱れ、ニンニクやお菓子の匂いが漂い、誇り高い住民はコントラーダ(地区)に別れて住んでいる」。

シチリアではシラクーサが第4位。フランスの Elle のおすすめ。5位は、エルコラーノ、スイスの Neue Zurcher Zeitungが「ポンペイより保存状態が良い」と推薦理由。

6位はフェラーラ、7位カゼルタと王宮、スペインの El Pais.

8位は、ミラーノ、9位がチェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア人の墓地。10位はアルベロベッロのトゥルッリ住居。これは Financial Times の推薦。

|

« モンティッキエッロの開発の是非 | トップページ | デル・ピエーロ、200ゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12569959

この記事へのトラックバック一覧です: 外国の新聞・雑誌の選んだ観光地:

» 『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館) [エルミタージュ図書館]
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回目の海外旅行に出る。出発は大阪港からフェリーで上海へ。そこから鉄路シベリアを経由しロンドン。さらにアメリカも東海岸から西海岸まで大陸横断鉄道で移動し、成田へ。仕上げは「ムーンライトながら」だ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 23時38分

« モンティッキエッロの開発の是非 | トップページ | デル・ピエーロ、200ゴール »