« ミルツァの『イタリア史』 | トップページ | RAI番組編成、変わる »

2006年11月20日 (月)

プローディ内閣、不支持63%に

Romanoprodi プローディ内閣の不支持率が63%に達した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月14日)。

コリエレ・デッラ・セーラ紙の委嘱によりIspo が11月10/11日に、1000人を対象に実施したもの。誤差3%。

これまでの政府をどう評価しますか、という問いに対し、肯定的、否定的とわからないの答えがある。

        肯定   否定 判らない

2006年6月 39  41  20(%)
      7月 44  31  25
      9月 41  53  6
     11月 32  63     5

これを政治的傾向別にみると、自分がどういう傾向と思うかによってわけると、9月と11月では次のような変化がある。

              9月  11月

左派または中道左派 80  63(%)
(-17ポイント)
中道           20  19
(-1ポイント)
右派または中道右派 11  7
(-4ポイント)
わからない       24  19
(-5ポイント)

支持率の低下が目立つグループは、男性、35-55歳の層、高学歴層、企業家、サラリーマンといったところである。  

|

« ミルツァの『イタリア史』 | トップページ | RAI番組編成、変わる »

コメント

プローディ自身の人気は就任前は結構高かったですよね。この調査結果は意外でした。
ところで日本とイタリア、ちょっと似ていませんか。前任の小泉さんとベルルスコーニが良くも悪くもインパクト勝負なところや、期待されていたわりに安倍さんとプローディの評価が微妙なところが。

投稿: azusa | 2006年11月20日 (月) 22時58分

そうですね、ある意味では。
ただし、政治的な姿勢は、プローディは中道左派で、安倍首相は、かなり右派的なところがあるように見受けられます。

プローディは、予算案通過で苦労しているのですが、赤字が累積していて、EUやIMFからも赤字を減らせと言われていて、縛りが多い状態です。

経済政策に関しても、なかなかやりたいようには出来ない状況なのだと思います。

安倍首相は、景気回復にのっかって登場したから、経済運営や予算編成はずっと楽なのではないでしょうか。

投稿: panterino | 2006年11月20日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12760714

この記事へのトラックバック一覧です: プローディ内閣、不支持63%に:

« ミルツァの『イタリア史』 | トップページ | RAI番組編成、変わる »