« ジェノヴァ、引き取り手のない遺体が30% | トップページ | イタリアの結婚・離婚・再婚情報 »

2006年11月16日 (木)

アリタリア、女性の制服にパンツ・ルック

Alitalia_hostess_1 昔のアリタリアの女性フライト・アテンダント

Alitalia_hostess_2 現在のアリタリアのフライト・アテンダント

アリタリア航空のフライト・アテンダントの制服が変わる(コリエレ・デッラ・セーラ、11月9日)。

11月15日から、エア・ホステス(イタリア語ではただ hostess)の制服がこれまでスカートであったが、パンツ・ルック(pantaloni)も可となる。

この決定は、10年越しの交渉の末に獲得したもの。社内では「熱紛争」(vertenza termica) という謎めいた名称で呼ばれていた。というのも、機内および機外が寒いときにスカートをはいていたくない、というのが、女性組合員の主張であったからだ。

マルペンサ空港やモスクワ空港に雪が降っている時にも、スカートで、デコルテ(深い襟ぐり)というのは、馬鹿げている、というのが、組合代表のロザンナ・ルシートの主張。

ヨーロッパの大半の航空会社では、フライト・アテンダントにパンツ・ルックを認めているという。イタリアでは、 Meridiana 航空ではずっと認められているが、AirOne航空では認められていない。

では、これまで何故認められなかったのか?「顧客は、クラッシックな制服のエア・ホステスを好む、スカートで、風に吹かれて足が見えるのを」というのが答えで、要するにマーケティングの問題なのだ。

ヴェネズエラの Avensa航空やアメリカの Hooters air では、よりセクシーな制服を着用している。

アリタリアでは、今回、10月から4月までは、パンツ・ルックが解禁となった。色は、スカートと同様ブルー、ストレートで重いギャバジン地。地上職員はすでに使用している。

|

« ジェノヴァ、引き取り手のない遺体が30% | トップページ | イタリアの結婚・離婚・再婚情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12707107

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリア、女性の制服にパンツ・ルック:

« ジェノヴァ、引き取り手のない遺体が30% | トップページ | イタリアの結婚・離婚・再婚情報 »