« ヴァティカン、コンドーム解禁を検討 | トップページ | 1000万人の女性が暴力の犠牲者 »

2006年11月30日 (木)

ベルルスコーニと裏金

Agrama ロサンジェルスの検察局は、ハリウッドのプロデューサーとベルルスコーニの間で裏金づくりがなされたのではないかという疑いを持っている(コリエレ・デッラ・セーラ、11月23日)。

フランク・アグラマは、ハリウッドのプロデューサーで、ベルルスコーニのテレビ局のために、1980年代および1990年代、パラマウント映画を買う仲介を果たした とされていた。

しかし、実際は、アグラマ、ベルルスコーニ、フィニンヴェスト/メディアセットの取締役が、調整して、アグラマの会社を動かしていた。

それによって、フィニンヴェスト/メディアセットの取締役にキックバックを渡していたという疑いがもたれている。

こうした疑いに基づき、アメリカのジェイソン・ゴンザレス検察官は、65人のFBI捜査官を動員して、11月15日、ロサンジェルスのアグラマの屋敷および事務所を捜索した。

ゴンザレス検察官によると、ベルルスコーニは、アグラマの匿名社員(socio occulto) である可能性が高く、それにより1億4200万ドルの税逃れをしていたものと見られる。

|

« ヴァティカン、コンドーム解禁を検討 | トップページ | 1000万人の女性が暴力の犠牲者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12884040

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニと裏金:

« ヴァティカン、コンドーム解禁を検討 | トップページ | 1000万人の女性が暴力の犠牲者 »