« ジョリーホテル、Nhホテルと合併 | トップページ | プローディ内閣、不支持63%に »

2006年11月20日 (月)

ミルツァの『イタリア史』

Milza フランスの歴史家ピエール・ミルツァが『イタリア史』(Storia d'Italia--Dalla preistoria ai giorni nostri) (pp.1024, 32 ユーロ、Corbaccio) を出版した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月13日)。

ピエール・ミルツァはフランスの歴史家だが、イタリア系移民の子供で、特にファシズムの専門家。

ファシズム関係の著作の他、ナポレオン三世やヴェルディについての著作もある。

ミルツァは、イタリアがローマ帝国崩壊以降、何度も苦難に遭いながらも、そのたびに奇跡的に蘇ってきたことを忘れてはならないという趣旨の記事を、コリエレ紙によせている。

|

« ジョリーホテル、Nhホテルと合併 | トップページ | プローディ内閣、不支持63%に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12752493

この記事へのトラックバック一覧です: ミルツァの『イタリア史』:

« ジョリーホテル、Nhホテルと合併 | トップページ | プローディ内閣、不支持63%に »