« ルクスリア、「第三のトイレ」論争 | トップページ | 外国の新聞・雑誌の選んだ観光地 »

2006年11月 4日 (土)

モンティッキエッロの開発の是非

Photo_66 モンティッキエッロ(斜面の空地に建設計画が進行中)

シエナ県の南、オルチャ渓谷(世界遺産)の小さな中世の集落モンティッキエッロに92軒分の小さなヴィッラを建てる計画をめぐって論争が生じ、中道左派は同地で会議を開いた(コリエレ・デッラ・セーラ、10月29日)。

きっかけは、アソル・ローザ教授がレプッブリカ紙にあてたこの建設計画に抗議する手紙。手紙は中道左派内部に論争を引き起こした。

建設計画に明確に反対なのは、マントヴァの市長フィオレンツァ・ブリオーニとカパルビオの市長ルチーア・ビアージ。副首相のフランチェスコ・ルテッリは、建ててしまったものを壊すのはほぼ不可能だが、ダメージを最小限にとどめるために、あらゆる手立てをとる必要があると述べている。

|

« ルクスリア、「第三のトイレ」論争 | トップページ | 外国の新聞・雑誌の選んだ観光地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12548939

この記事へのトラックバック一覧です: モンティッキエッロの開発の是非:

« ルクスリア、「第三のトイレ」論争 | トップページ | 外国の新聞・雑誌の選んだ観光地 »