« ナポレオン軍が盗んだフラ・アンジェリコ見つかる | トップページ | 『ママは負けない』 »

2006年11月23日 (木)

『コッリエーレ紙に巣くう虫』

Baco_2_1 コリエレ・デッラ・セーラの副編集長、マッシモ・ムッケッティが『コッリエーレ紙に巣くう虫』を出版した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月15日)。

この本は、最近のRcs(コッリエーレ紙の出版元)の歴史を描いた本であり、ステーファノ・リクッチによるRcs株の買い占め騒動や、著者ムッケッティのコンピュータがハッキングされたことなどが書かれている。

ムッケッティは、この危機をコッリエーレ紙と資本主義の関係の危機と捉え、歴史を遡っている。

20世紀初めのコリエレ・デッラ・セーラ紙の編集長は、ルイージ・アルベルティーニであった。この人は1900年から1925年まで編集長をつとめたのであるが、反ファシストであったために追放されたのである。

戦後は、エイナウディがファシズム以前に戻そうと呼びかけたが、反応は鈍かった。

結局、イタリアのメディアは経済界や権力者からの独立というものが制度的に確固たるものにならぬままに現在にいたったようだ。

|

« ナポレオン軍が盗んだフラ・アンジェリコ見つかる | トップページ | 『ママは負けない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12791867

この記事へのトラックバック一覧です: 『コッリエーレ紙に巣くう虫』:

« ナポレオン軍が盗んだフラ・アンジェリコ見つかる | トップページ | 『ママは負けない』 »