« ドラーギ:学校は、経済成長の推進力 | トップページ | ジョリーホテル、Nhホテルと合併 »

2006年11月19日 (日)

ルテッリ、自由化の提案

Francesco20rutelli副首相のフランチェスコ・ルテッリが、自由化に関する「アジェンダ」を提出した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月9日)。

17ページの文書で、法案ではない。論点は7つあり、1番目は、地方における公共サービスを、民間に開放すること。即ち、競争入札にして、サービスの提供者の数を増やし、より効率のよいサービスを目指す。

2番目は、公共輸送機関で、「革新的な」輸送機関を目指す。これは、具体的には、スクールバス、ホテルの送迎バス、運転手付きレンタカーなどを含む。

3番目は、Eniによらないガス供給網の構築。Eniの独占状態から、競争相手のいる状態をめざす。

4番目は、消費者・利用者の保護。

5番目は、自由化されるセクターの社会的緩衝装置について。

6番目は、効率的で透明性の高い行政。

7番目は、Autorita' の改革。市場の番人として、独立性を持ち、強力な権限を持たせる。

|

« ドラーギ:学校は、経済成長の推進力 | トップページ | ジョリーホテル、Nhホテルと合併 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12742511

この記事へのトラックバック一覧です: ルテッリ、自由化の提案:

« ドラーギ:学校は、経済成長の推進力 | トップページ | ジョリーホテル、Nhホテルと合併 »