« 文教予算の96%が人件費 | トップページ | ナポリの治安に軍隊出動か »

2006年11月 7日 (火)

ムッソリーニの遺骸はどこへ

Benitomussolini ムッソリーニの遺骸を、現在のままプレダッピオに置くか、ローマへ移送するか、親族の間で議論になっている(コリエレ・デッラ・セーラ、10月31日)。

ローマ進軍の記念日にあたる10月末から11月初旬の週末には、プレダッピオに、ムッソリーニの墓に6000人の人が訪れるという。

当然、プレダッピオの町にしてみれば貴重なビジネス資源(記念品、バール、レストラン、商店、ガソリンスタンド)である。

そこへムッソリーニ一族の中に新たな動きが出てきた。ムッソリーニの子供ロマーノの未亡人が遺骸をローマへ移すことを申し出ているのである。

11月半ばに親族会議を催す予定。

|

« 文教予算の96%が人件費 | トップページ | ナポリの治安に軍隊出動か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12588610

この記事へのトラックバック一覧です: ムッソリーニの遺骸はどこへ:

« 文教予算の96%が人件費 | トップページ | ナポリの治安に軍隊出動か »