« 法王謁見のプロトコール | トップページ | ベルルスコーニと裏金 »

2006年11月30日 (木)

ヴァティカン、コンドーム解禁を検討

Cupido 法王によって委託された研究により、コンドームの使用の検討が、本格的なものとなってきた(コリエレ・デッラ・セーラ、11月22日)。

この研究は第一関門である、ハビエル・ロザーノ・バラガン枢機卿が管轄する保健従事者評議会を通過し、約200ページの報告書を出した。

この文書は教理省(Congregazione per la Dottrina della Fede)に送られる。バラガン枢機卿(保健大臣に相当する)が認めるように、これに返答するのは、今度は神学者や法王の役割ということになる。ただし、いずれにしても、「性的に放埒な態度」を奨励するものではないと断っている。

浮上しているのは、結婚した夫婦でどちらかがHIVポジティヴになっている場合のセックスにおけるコンドーム使用についてである。

これまでにも、個々の聖職者、たとえば、カルロ・マルティーニ枢機卿は2006年4月に「エイズに侵された配偶者は、パートナーを守る義務がある」という言い方で、間接的にコンドームの使用を認めている。

|

« 法王謁見のプロトコール | トップページ | ベルルスコーニと裏金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12882228

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァティカン、コンドーム解禁を検討:

« 法王謁見のプロトコール | トップページ | ベルルスコーニと裏金 »