« 移民と麻薬 | トップページ | ガルディーニ議員、ルクスリアに「女性用トイレから出て行け」 »

2006年11月 3日 (金)

スパイ事件、左翼民主、情報機関を攻撃

Cucchi ジュゼッペ・クッキ将軍

一連のスパイ事件を受けて、左翼民主(党)のピエロ・ファッシーノ書記長は、情報部幹部の辞任を求めた(コリエレ・デッラ・セーラ、10月28日)。

プローディ首相は、検察が、事態を明らかにしてくれるだろう、としている。子供への贈与に関しては、2003年に行ったもので、すべて法律に則ってしたことだという。

中道右派のこの事件への対応は、ばらばらである。ベルルスコーニは、事態を沈静化しようとしている。国民同盟は、表だった反応は示していない。UDCのカジーニは、プローディへの連帯を表明した。北部同盟は、ベルルスコーニに同調している。

チャンピ前大統領は、70年代、80年代のP2(政権中枢に入り込んだフリーメーソンのグループ)のスキャンダル時代のようだと評した。

|

« 移民と麻薬 | トップページ | ガルディーニ議員、ルクスリアに「女性用トイレから出て行け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12537827

この記事へのトラックバック一覧です: スパイ事件、左翼民主、情報機関を攻撃:

« 移民と麻薬 | トップページ | ガルディーニ議員、ルクスリアに「女性用トイレから出て行け」 »