« 聖エジディオ共同体 | トップページ | アリタリア、女性の制服にパンツ・ルック »

2006年11月15日 (水)

ジェノヴァ、引き取り手のない遺体が30%

Cimitero_di_staglieno_a_genova ジェノヴァのスタリエーノ墓地

ジェノヴァでは、引き取り手がなく、葬式も行われず、市の職員により最低限の埋葬がなされる遺体が30%にのぼっている(コリエレ・デッラ・セーラ、11月9日)。

ジェノヴァのサン・マルティーノ病院の死体安置室の担当係ルチャーノ・ドルチェッティは「3分の1よりは少し少ない」としている。

死体安置室に36時間安置した後、引き取り手が現れないと、「無縁仏」(salma senza interesse) 、即ち、弔う縁者のない死体となる。

これに該当する死者は老人が多いのだが、親族がいないか、見つからない、あるいは見つかっても、葬儀の費用を負担する意志がない。

ドルチェッティによると、「残念なことだが、立派な社会生活を送り、皆から認められ、愛された人が、寂しい最期を迎えることもまれではない」。

こうした事態を避けるため、葬儀会社が一種の「埋葬証書」を発行した。証書の中には、非常に詳しい指定を加えたものもある。葬儀に、どういう花を使用するか、どんな音楽を使うかまで指定したものもあるのだ。

ジェノヴァはこれほど変わってしまったのだ。もともとは死者を手厚く埋葬する都市で、市には36もの墓地がある。しかし市役所の墓地担当者ロベルト・ブルキエッリによると、ここ5年で、墓地を訪れる人は、45%も減少した。もっとも減少したグループは40代の人々である。

他の町ではどうか。市の死体安置所で、「無縁仏」とナッタ比率は次の通り。

トリノ  5,5%(436体中24体)
ナポリ 5% (786体中40体)
ボローニャ 1,7%(1150体中20体)
ミラノ  1,2% (970体中12体)

|

« 聖エジディオ共同体 | トップページ | アリタリア、女性の制服にパンツ・ルック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12703102

この記事へのトラックバック一覧です: ジェノヴァ、引き取り手のない遺体が30%:

« 聖エジディオ共同体 | トップページ | アリタリア、女性の制服にパンツ・ルック »