« パスコリの無政府主義賛歌、再発見される | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ1世のテレビ・ドラマ、高視聴率 »

2006年10月30日 (月)

ロッシ、まさかの転倒、タイトル逃す

Photo_64 モトGPの最終戦で、ヴァレンティーノ・ロッシは転倒し、年間タイトルは、アメリカのニッキー・ヘイデンが獲得した(この項、Corriere.it および日本テレビ)。

スペインで開催されたバレンシア・グランプリ、ロッシはポール・ポジションからのスタートだったが、出足が悪く、ドゥカーティ、ホンダ勢の後塵を拝するポジションについていた。

最終戦までの累積ポイントではロッシがリードしていたので、バレンシアでは無理をしなくても年間タイトルは獲得できるはずだった。しかし、序盤でまさかの転倒。

最後尾から再びコースに戻ったものの、順位をあげることが出来ず、無得点に終わる。ヘイデンが3位入賞で、通算成績は逆転、年間タイトルはヘイデンが獲得した。

来年からはエンジンが800ccとなる。もし今年のタイトルをロッシが獲得していれば、1000cc時代は、すべてロッシがタイトルを取ったことになったが、「無敵の王者は漫画の中にしかいないんだね」とロッシ自身が認めることになってしまった。

|

« パスコリの無政府主義賛歌、再発見される | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ1世のテレビ・ドラマ、高視聴率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12489524

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシ、まさかの転倒、タイトル逃す:

« パスコリの無政府主義賛歌、再発見される | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ1世のテレビ・ドラマ、高視聴率 »