« イタリア国債、格付け下がる | トップページ | イタリアの中小企業 »

2006年10月26日 (木)

退職手当と全国社会保険公社

Tfr 退職手当 Tfr (trattamento di fine rapporto) について、労働、経営者側が合意に達した(コリエレ・デッラ・セーラ、10月20日)。

合意によると、従業員50人までの企業では、従来通り、退職手当を会社に置いてもよいし、Inpsに移管してもよい。従業員が来年の1月から6ヶ月の間に決める。

50人以上の企業(イタリアに23800社ある)では、100パーセント、退職手当を Inps(全国社会保険公社)に移管する。

|

« イタリア国債、格付け下がる | トップページ | イタリアの中小企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12441881

この記事へのトラックバック一覧です: 退職手当と全国社会保険公社:

« イタリア国債、格付け下がる | トップページ | イタリアの中小企業 »