« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌の記者も盗聴に関わっていた | トップページ | コムーネ、予算案修正を獲得 »

2006年10月15日 (日)

首相、アリタリアの経営危機を認める

Alitaliaa321heathrowarp750pix 航空会社アリタリアに厳しい宣告が首相から下った(コリエレ・デッラ・セーラ、10月11日)。

「状況は制御不能だ」と首相は、労働組合に告げた。「倒産を避けるには、1月までしか時間がない」。

プローディは、外国の航空会社との提携に活路を求めている。

アリタリアの従業員は1万9574人。資本金の49,9%は国家で文字通りナショナル・フラッグである。ここ三年は赤字が続いている。
2003年 5億1700万ユーロ(赤字)
2004年 8億1000万ユーロ(赤字)
2005年 1億6000万ユーロ(赤字)

昨年の12月に、前政権の政府から10億ユーロの資金調達をしているが、今年も赤字に終わる見込みである。

アリタリアの飛行機で働く人の月給は他社と比較すると次の通り。

Blue Panorama
パイロット        4800(ユーロ) 
フライト・アテンダント 2100
Volare Airlines
パイロット        6500
フライト・アテンダント 2050
Air One
パイロット        6750
フライト・アテンダント 2200
Alitalia
パイロット       10250
フライト・アテンダント 3400

つまり、アリタリアのパイロットの月給は約150万円、フライト・アテンダントは約50万円ということになり、同業他社に較べると高い。

|

« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌の記者も盗聴に関わっていた | トップページ | コムーネ、予算案修正を獲得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12296773

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、アリタリアの経営危機を認める:

« 「ファミリア・クリスティアーナ」誌の記者も盗聴に関わっていた | トップページ | コムーネ、予算案修正を獲得 »