« ヴァティカン、安楽死を否定 | トップページ | 年収7万ユーロ以上は、税率43%に »

2006年10月 2日 (月)

ミリンゴ大司教、破門される

Emmanuel_milingo エマヌエル・ミリンゴ元大司教

エマヌエル・ミリンゴ大司教が、4人の結婚した司祭を司教に任命し、破門された(コリエレ・デッラ・セーラ、9月27日)。

ミリンゴ元大司教は、76歳、ルサカ(ザンビア)の大司教であったが、2001年、韓国人女性のマリア・スンと統一教会のもとで結婚し、破門されかかったが、その時は、ジョヴァンニ・パオロ2世の説諭により、スンと別れて、ひっそりと暮らしていた。

しかし、今年7月再びワシントンにスンとともに姿をあらわし、教会における妻帯聖職者を認めるよう求めた。

9月8日、ヴァティカンの司教省長官のジョヴァンニ・バッティスタ・レ枢機卿は、10月15日までに恭順の意を示すよう求める書簡を送ったが、ミリンゴ大司教は、ワシントンの Married Priests Now!  という組織の本部で、4人の妻帯司祭を司教に任じたのである。

この行為により、ミリンゴは自動的に(latae sententiae) 破門となった。教義上は、教皇によってではなく、自らの行為によって破門となったとのことである。また、司教に任じられたはずの4人も破門となり、彼らの司教職は承認しないとヴァティカンは宣言した。

夫人のマリア・スンは、48歳であるが、二人は子供を欲しいと考えており、ミリンゴが子供をつくれる状態にあると述べた。

|

« ヴァティカン、安楽死を否定 | トップページ | 年収7万ユーロ以上は、税率43%に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12129426

この記事へのトラックバック一覧です: ミリンゴ大司教、破門される:

« ヴァティカン、安楽死を否定 | トップページ | 年収7万ユーロ以上は、税率43%に »