« コムーネ、予算案修正を獲得 | トップページ | ベネトン、会長交代 »

2006年10月15日 (日)

公教育大臣、ミラノのアラブ学校を認めず

Scuola_araba_milano フィオローニ公教育大臣は、ミラノのイタリア・エジプト学校を認可しなかった(コリエレ・デッラ・セーラ、10月11日)。

10日も、レーガ支持者の抗議の中、80人のエジプト系の子供たちが登校し、授業を受けた。これは2日目の授業であった。

大臣をはじめとする当局は、いかなる学校も、認可を得ねば開くことは出来ず、認可を得るためには、規則を遵守しなければならないとしている。

しかし学校長のリディア・アチェルボーニは、「われわれは文字通りに、規則を守っている」としている。

ロンバルディア州の学校局長のマリオ・ドゥットによると、外国人学校の開設は、政府間の合意によらない場合には、国家による承認が必要とのこと。

中道左派は学校側に立つが、中道右派は反対している。もっとも強硬に反対しているのがレーガ(北部同盟)である。

この学校に登録している子供は100人。教師は18人で、9人がアラブ人、9人がイタリア人。授業は週28時間で、そのうち2時間がコーランの時間である。

|

« コムーネ、予算案修正を獲得 | トップページ | ベネトン、会長交代 »

コメント

はじめまして!!
今大学の授業でイタリアの移民教育について調べている者です。

この記事をイタリア語の原文でも読んでみたのですが、
この学校は法律に触れているから開校されないとのことですが、
イタリアの法律はどのようになっているのでしょうか?

ご存知でしたらぜひ教えてください。
またリンクなどありましたら参考にさせていただくので、お返事お願いします。

投稿: ☆ | 2006年10月25日 (水) 16時59分

はじめまして☆さん。

コリエレ・デッラ・セーラのこの件に関する記事は www.corriere.it でコリエレ紙のホームページに行き、cerca というところに scuola araba といれてサーチすると、数件出てきます。

ご指摘をいただき、気が付いたのですが、10月18日のコリエレ紙(たまたま僕のところには未着)で、フィオローニ大臣は、法的手続きがすめば、この学校を承認する方針だと述べています。

中道右派は、スピーディーな承認には反対で、教師やカリキュラムの検査には、時間と注意が必要なはずだ、と主張しています。

フィオローニ大臣が言っていた法律というのは、どんな学校であれ(外国人学校だけでなく)、開校する前に当局の認可・お墨付きが必要だということです。

また、認可を得る前に、なすべき手続きには、校舎の賃貸契約や消防署の検査や、コムーネ(この場合ミラノ市)の認可といったことが含まれます。

私立の外国人学校に関する法律は、decreto del presidente della Repubblica 389/94(共和国大統領令1994年389号)です。

法律は、http://www.pubblica.istruzione.it/news/1999/ne990203.shtml
(公教育省のホームページ)にも説明があるのですが、法律に疎い僕にはとても判りづらいものです。

投稿: panterino | 2006年10月25日 (水) 23時03分

La Repubblica(12 ottobre)によれば、ミラノ県知事がこのアラブ学校の暫定的閉校措置にサインをしたのは、以下の4点の事情からだとか。
「非常出口の不足」「警報システムがない」「消防扉の不備」「提出された証明書類が十分なものではない」というもの。
http://www.repubblica.it/2006/10/sezioni/scuola_e_universita/servizi/scuola-stranieri/scuola-stranieri/scuola-stranieri.html

でも、オリーブの木のA.Fanzagoさん、M.Cormioさんによれば、(ミラノ)コムーネの所有する学校建物575校のうち、150校は調整が必要な状態なのだそうだ。
http://www.corriere.it/vivimilano/speciali/2006/10_Ottobre/13/scuola.shtml

北部同盟の言動に鑑みれば、「建物の問題」って言うよりも、「アラブ、イスラムの学校だから?」って感じもする。

設備調整と書類をクリアすれば、開校可能なんだろうけど、後味の悪い感も残るな。。。というのは私の感想です。

投稿: marinara | 2006年10月30日 (月) 13時16分

いきなり内容を書き込んでしまいました。

やっぱり、「はじめまして」と書き始めたほうが気持ちがいいですよねー。
ごめんなさい。

「イタリアに好奇心」の記事、いつも楽しんでいます。
ありがとうございます。

☆さん、大学授業楽しそうですね。がんばってください。

投稿: marinara | 2006年10月30日 (月) 13時24分

marinaraさん、はじめまして。

適切な解説、ありがとうございます。
なるほど、良く理解できました。

たしかに、北部同盟の主張は、表面的には、手続き論なのですが、コムーネ(ミラノ市)に出来るだけゆっくり審査をさせ、正式な開校を遅らせるよう圧力かけてる感じですね。

投稿: panterino | 2006年10月30日 (月) 15時17分

お2人ともありがとうございます!!!
すごくわかりやすくて助かりました☆

marinaraさんの載せてくださったリンクの2つ目が見つからなかったのですが、なくなってしまったのでしょうか?

どういうところで、ミラノの学校建物が基準を満たしていないのか、資料を見てみたいです。

何度もご迷惑をおかけしますが、もしわかればよろしくお願いします!

投稿: ☆ | 2006年10月31日 (火) 01時21分

こんにちは☆さん。
marinara さんが紹介してくださったサイトは
http://www.corriere.it/vivimilano/speciali/2006/10_Ottobre/13/scuola.shtml
です。しっぽが切れてしまっていたのですね。

このサイトの横にvideo という所(三カ所あります)をクリックすると、記者がヴィデオを持って取材にいった様子が見られます。
アラブ学校の内部の様子を女性校長が案内しているもの。ミラノ市内の他の小学校が実は安全基準を守っていない(非常階段など)ことが、目ではっきり確認できます。

このサイトで判りましたが、アラブ学校の宗教の時間は、小学校が週2時間、中学校が週1時間で、イスラム教か、コプト教(キリスト教の一宗派)を親が選択するのですね。

投稿: panterino | 2006年10月31日 (火) 20時52分

このような話題で、語り合える友人が居ないので、楽しいです。
panterinoさん、このような機会を与えてくださって、ありがとうございます!

☆さん、
以下の方法でもアクセスできますよ。

前者のLa Repubblicaの記事は、
イタリアのヤフー「http://it.yahoo.com/」 →「Scuola araba Milano, chiusura provvisoria "va adeguata alle norme di sicurezza"」と入力→(なぜか、Gazettaの短い記事しか出ないので)「Leggi l’articolo」というところをクリック →記事にたどり着く

後者のCorriereの記事は、
「http://it.yahoo.com/」→「Prefetto: la scuola araba riapre solo se in regola」と入力→記事にたどり着く

本件のアラブ学校の前身(っていう表現で良いかな?)のモスクの話なども書かれている記事は、以下のようにアクセスできます。
「http://it.yahoo.com/」→「Una scuola Due stati」

各新聞紙HP、ヤフー、グーグルなどで、「scuola araba」と入力したら結構な量の情報が手に入りますよ。
事実としては同じような記事なんだけど、スタンスの違う情報源を読み比べると楽しいですよ。(なんだか、オタクっぽいけど、実は研究者のウズラ卵です。研究者とオタクは紙一重?)。
北部同盟の主張の1つ「子どもたちにイスラムのバイオレンスを教えるな!」などを読むと、「極右政党のイデオロギーって、日本人には理解できないわー」とか思っています。

投稿: marinara | 2006年10月31日 (火) 20時55分

panterinoさんへ、

「尻尾切れ」には気が付きませんでした。
「.../10_ottobre/13/scuola.shtml」と続きます。

「このサイトの横にvideoという所をクリック」
と教えてくださいましたが、見当たりません。
他のアクセス方法を教えていただければ幸いです。
すごく、見たいです!

投稿: marinara | 2006年10月31日 (火) 21時04分

すみません。僕が打ったのも、しっぽが切れました。ココログの表示の技術的問題のようです。行換えしてみました。
http://www.corriere.it/vivimilano/
speciali/2006/10_Ottobre/13/scuola.shtml
もしこれで、うまく表示されなければ、marinaraさんの教えてくださった別の方法(サーチエンジンを使う)で行ってみてください。

投稿: panterino | 2006年10月31日 (火) 21時05分

marinaraさんへ
vivimilano.itのサイトに比較的大きな写真があり、その右側に薄い灰色のコラム(柱)があり、要するに写真の右上あたりにクリックするところが表示されているはずですが。
念のため、アドレスも書いてみますが、あまりに長いので、きちんと表示されるのか不安がありますね。
http://mediacenter.corriere.it/MediaCenter/action/player?idCanale=Italia&filtro=tutti&pagina=1&passo=5&uuid=26b47eb8-5acf-11db-94a2-0003ba99c667&navName=1
これと
http://mediacenter.corriere.it/MediaCenter/action/player?idCanale=Italia&filtro=tutti&pagina=1&passo=5&uuid=09a11a86-5a00-11db-a7ca-0003ba99c667&navName=1
です。

投稿: panterino | 2006年10月31日 (火) 21時13分

http://mediacenter.corriere.
it/MediaCenter/action
/player?idCanale=Italia&filtro
=tutti&pagina=1&passo
=5&uuid=09a11a86-5a00
-11db-a7ca-
0003ba99c667&nav
Name=1
行換えを増やしてみました。

投稿: panterino | 2006年10月31日 (火) 21時16分

見えましたよ!!!本当にありがとうございます!!
すっっっごく助かりました(><)

発表は明日(てか今日)なので、なんとかビデオの解読に励みます!

>marinaraさん
研究者目指してるんですね☆頑張ってください!
実は同じ大学にいたりして…笑

お2人ともありがとうございます♪

投稿: ☆ | 2006年11月 1日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12300074

この記事へのトラックバック一覧です: 公教育大臣、ミラノのアラブ学校を認めず:

« コムーネ、予算案修正を獲得 | トップページ | ベネトン、会長交代 »